ペットフード エムズ
Pet Pet M's
◆デンタルケア 多くの犬と猫にデンタルケアが必要とされています


多くの犬と猫にデンタルケアが必要とされています
犬や猫は歯垢がたまりやすく、それが原因で口の中に細菌が繁殖しやすくなります。
歯垢は主に口の中に残った食べカスや細菌類が原因となって歯に付着します。
   そのまま放っておくと、
歯垢歯石へと変化していき、
歯石が付着した歯の表面は凹凸になり、歯垢が更につきやすくなってしまいます。
   この悪循環が続くことが、歯肉に炎症を引き起こす原因となり、
歯肉炎歯周炎歯周病へと発展していきます。
歯周病の主な原因は歯垢です
軽 度
歯肉炎(歯肉の炎症)
歯に付着した歯垢が歯肉に炎症反応を
引き起こすことにより、
歯肉炎へと発展
中等度
歯周炎
歯周組織の炎症・破壊(病変が広範囲におよんでいる)
歯肉炎の状態を放置しておくと、
歯周炎
になります。
重度
歯周病
歯周組織の重度の炎症・破壊(根尖腫瘍を併発)
歯周炎を放置しておくと、歯周病へ。
重篤な歯周病の場合、細菌や細菌の出す毒素が、
血流に乗ることで全身にまわり、内臓や関節など、
全身の様々な部分に悪影響を及ぼすこともあります。
歯周病になると歯はガタついたり抜けたりし、出血しやすくなりとともに口臭も激しくなります。
また痛みを伴うことから、触られることにも神経質になります。
ホームデンタルケア方法
  ブラッシング
歯垢を除去する最も効果的な方法です
ブラッシングすることによる機械的な摩擦で、最も効果的に歯垢を除去します。
歯ブラシと歯磨きペーストで歯垢をキレイに落とします。
◆ブラッシング製品
デンタルガム
噛むことで歯垢を除去します。
噛む際の摩擦により機
械的に歯を磨きます。
ブラッシング後のご褒美として、また、ブラッシングが難しい場合など、食後のオヤツ代わりとして与えます。
◆ベジタルチュウ
◆デンタルチュウ
デンタルケア飲料
簡単にデンタルケアをおこなえます。
毎日の飲み水に混ぜるだけの簡単ケア。
ブラッシングやデンタルガムと組み合わせてもお使いいただけます。

◆アクアデント
デンタルケアは、始める時期やペットの性質によって、
それぞれケアの仕方が違います。
ご自分のペットにあったベストなデンタルケアをおこないましょう。
ブラッシング デンタルガム 飲料
子犬・子猫の場合

子犬・子猫のうちは「ブラッシング」
始めるのに最適な時期です。
子犬・子猫
成犬・成猫の場合

始めに動物病院で
歯科検診とスケーリング(歯石除去等)をおこない、清潔な歯の状態からデンタルケアを始めましょう。
ブラッシングが難しい場合、
最初のうちは「デンタルガム」や「デンタルケアスプレー」でサポートし、
徐々にブラッシングに慣れされさせていきましょう。
ブラッシングのしつけが
できる
ブラッシングのしつけが
できない
老犬・老猫の場合

老犬・老猫なだブラッシングがどうしてもできない子には、
まず動物病院で歯科検診とスケーリング(歯石除去等)をおこない、清潔な歯の状態からデンタルケアを始めましょう。
その後、「デンタルガム」や、
「デンタルケアスプレー」でデンタルケアをおこないましょう。
ブラッシングのしつけが
できる
ブラッシングのしつけが
できない

ヘルプ・お問い合わせサポート 0144-76-2345


ペットフードのことならヒルズサイエンスダイエット専門販売のエムズへ
□ COPYRIGHT © 2003 PET SALON M'S All RIGHTS RESERVED □
>>>Hill's サイエンスでお馴染みのダイエットペットフード専門店◆エムズ◆のネットショッピングサイト<<<